★ GUMA*TIC 12月号 ★


GUMA*TIC12月号


『 クリスマスパーティの終焉 』


まだ諦めていなかった12月号。
あいた時間にダッシュで生地なんぞを買出しに行ったりするもんだから、
いざイメージがかたまって作る段になって、生地の相性が悪かったり、
思ったようなリボンやレースがなかったり、ビーズがなかったり。

結局はじめに考えてたデザインとは全く違ったものになってしまった。

帽子はカプチーノチャットのデフォを使ってみたけど、
これは無いほうがよかったなーと反省。(T_T)
自分で編んだもこもこ白ベレーがあったはずが、見つからず。



↓『続き』はブライス写真と今月号のOFの詳細など。




ワンピースに使った生地は荒い目のツイード2種。
これがすんごいほつれる!ほつれる!
もともと考えてたデザインは、スカートの上の部分も胸元と同じように切り替えをし、
スカートの生地は身頃の生地と同じ黒のドットのツイードで・・・・。
あまりにほつれるし、生地がとても分厚いのから面倒になって、
いつのまにやらとってもそっけない感じになってしまった。

ツイード生地でのよい仕立て方法ってないでしょうかね?
粗目だと、ドール服は小さすぎてほつれがきびしい。。。。
そして厚いので縫い代はぎりまで切りたいんだけどね。
袖ぐりには接着芯貼ったりしてみたけども、いいんだか悪いんだか。
結局ピケも塗ったしね。


後からでも、ポケットをつけるとかなんとかできればよかったんだけど、
はやくこのうっとおしい生地から解放されたくて、
途中で立ち止まって考えることもせず、じゃじゃっとスカートを縫いつけてしまった。
   蓋に見えるように、生地をはさみこんでフラップポケット風にすればよかったなあ。


毎度。あたまでっかちだよ。わりぃか。

ここんとこ毎号、「ここがだめだな。」「やっつけちゃったな。」ってものばっかり。
もっと丁寧に思い描くとおり物作りをしたいなあ。
   だからまずはデザイン画描いて!きっちり!


出来上がったら、苦労して切り替えにした生地が、全然目立たないし超あっさり味。
金のビーズをボタンにするのは初めから決めてて、
きっとそれで少しはしまりが出るだろうと思ってたけど、
地がベージュなもんで、鈍金のビーズがなじんじゃうー!

これくらい近寄ったら、生地の質感も切り替えた生地の違いも、
胸元の金のパールビーズもよくわかるんだけど。(苦笑)
ドール服はぱっと見て、かわいい!ってのがいいですよな。(^_^;)
記憶に残るような、インパクトですよな。
実物を近くで見て触ってはじめて、なんとなくかわいい・・・かも?ってのはいかがなものか。


徹底的に帽子を写さない。苦笑



これだけ寄っても、イマイチ伝わらないのが、切り替え生地部分の黒いライン。
黒い小さなビーズを縫いつけているのだ。
   当初の考えでは、生地の間に黒い生地などをはさみこむ予定だったが、
   生地の厚さでこれ以上何かを縫いこむのは難しいと思われ。。。。


スカート部分にも、黒いラインをしたほうがいい気はしたが、
ラインにするならば、後ろもぐるりとしたいところ。
しかし、後ろにビーズとかつけると、座らせたときに座りが悪くなっちゃったりするからなー。
実用性を考えて無し!ということで。
実は黒の刺繍糸も考えたのだが、刺繍糸の在り処が分からなかったという・・・
やっぱり、スカートの部分にも黒いしめ色があったほうがよかったですよね?(だれにきいてるんだか)
   だめよ!gumaco!
   グチグチと、言い訳ばっかりしてちゃあ。太陽に笑われちゃう。
   やってできないことはないんだから、すぱっと反省して次にがんばれ!
   「毎回言ってんじゃん」というツッコミは・・・かなしい。(T_T)



クリスマス終わっちゃったよー。


クリスマスの記事に出し切れなかったクリスマス食玩をだしてみた。
なんせ12月号ですからね。(笑)
七面鳥のローストと、サンタ柄の三段プレゼントBOX。玩具いろいろ。
プレゼントBOXは「こんなのいらんじゃろー。」と思ってたひとつなんだけど、
これは小物をセッティングしたときにいい脇役になってくれるんだなぁ。
ティーセットなどは何のを持ってくるか悩んだけど、黒執事のシリーズのを。

服の雰囲気がちょいフォーマルだし、あまりポップな感じのティーセットは合わないし。
この黒執事のシリーズは写真写りもいいし便利~。


撤収前に食べちゃいましょう。


すぐに1月号発刊準備に入らなければ!
次こそ納得のいくものをちゃんと作る!

お着物仕立てましょうかね~(型紙の在り処がわからないよーん)


テーマ : Blythe*Love!
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★ くーさんへ。

スゴいってことはないんですよー。
ただ、ただ、生地のほつれがうっとおしいというだけで、
あと生地の厚さがハンパ無いというだけで、
つくりはとってもシンプルです!
『ブライスkawaii講座』、記事のタイトルをみてくれてウレシイです!
最近このタイトル付けに時間を要するので、数を減らしてるのですが、
毎度なんとかひねり出してるのでリアクションうれしいでございますよー。
ブライスが、この雑誌を手にして、
「あー、やっぱりワタシももうちょっと口角あげようかしら。」とか、
「秋冬は濃いリップがいいけど、水性アクリル塗料だと唇が荒れるから、
リップシールがいいみたいよー。」とか話してるのを想像してにやけます。(妄想族)

凄いです。ツイードでここまで出来るなんて!!
かわいいなあ~。かっこいいなあ~。

あと『ブライスkawaii講座』気になります。

★★ コメレスです ★★

v-22 花さんへ。
ツイードも、もうちょっと詰まってる生地だとよかったのかしら?
やっぱり極薄の接着芯を前面に貼るのがいいんですかねえ。
人間の服と同じようにはいかないとこが悲しい。
この生地かわいい!って思っても、小ささのせいで
生地感とか柄も活かしきれなかったりしますよね。

たまには「お人形かわいい!」っていうザ・ドール服って感じのを
作りたいのですけど、センスがない!さがしてもみつかりません。(T_T)

v-22 凌さんへ。
ツイードジャケットとかスーツとかって、
関西のセレブ気取りお嬢様っぽいイメージ有りますよね。ははは。。。
しかし、ツイードジャケットは今シーズンちょっと流行ったりしたのですよ。
(あんまり来てる人見ないけど)っちゅーことで、一応ファッション誌
だからちょこっと流行のはじっこをかじってみました。
。。。。かなりおかしなことになってますけど。(アラが多い)
毛が飛び散ったりする生地って、そのへんじゅう大変なことになりますよね。
ワタシは別珍とコーデュロイでも大変な目にあってます。
もろもろと生地のカスみたいなのが、別の生地にくっつきまくって大変!

v-22 ちょこぴーさんへ。
なにをおっしゃいますやら。ですよ。
もと切り替えのデザインだったというのに、このあっさり味は何?
ツイードの糸をぬいて、フリンジ状態を活かしたらいいかもー
なんて思ってましたけど、そんな小細工してる場合じゃないくらい
めんどくさいことになりました。
黒執事シリーズは、はじめ、箱を開けた瞬間は
「でかいし、なんかザ・作り物って感じがするかも?」
なんて思ったのですが、写真写りがとってもいいです!
・・・あ。もし欲しいのがあったら箱から出しちゃってたよければお送りしますよーん。
余った分、どうしよっかなーと、余らせてるはずなのでお気軽に。
(これ、大箱買いしましたが、2セット入ってると知らなかったのです。笑)

扱いが大変そうなツイード生地でここまで作りこんでいるのはすごい!
私だったら絶対途中で投げ出してるw
黒いビーズのライン、すごく素敵です!

銀食器、クリスマスにピッタリ☆この黒執事シリーズ、私はファントム社セットと
ガーデンティーセットしか持ってないのですが、gumacoさんの写真を見てたら
他のも欲しくなってきちゃいました♪

凄い! この忙しい時にちゃんと12月号を発刊してることだけでも凄い。
このワンピって、どことなく関西のセレブお嬢合コン服みたい。
(と思うのは私だけだろうか?w)
ツイード・・・ 手すら出したくないです(笑)
この間ボア生地を使って散々な目に遭ったところなので。
あの毛の飛び散り方は半端ない。
PCのある机でやるのはかなり危ないなと思いました、はいw
最近カジュアル過ぎる私もDress Code Guideをちゃんと読まなきゃ!

カジュアルなイメージだけど、セレブなナナシちゃんも素敵♪

ツイードって、ほつれますよなぁ…
私も裏に接着芯をガッツリ貼ったり…
でも貼ると縫いやすいけどパリッとなりすぎちゃうし…
座らせたときとか質感が自然にならないんですよねぇ(;_;)

でも、ナナシちゃんの着てるお洋服は、やっつけとは思えないくらい素敵ですよ!
やっぱりgumacoさんのお洋服はリアルクローズでいつも好き♪
guma*ticノ中身。
異世界トリップ。
月月ツキ。
サンカランキング
ぽちり。うれしいデス。
ブライスblog同盟
RSSリンクの表示
gumacoノココントコ。
過去記事のコメントも歓迎。
コノ日ハ、何シテタ?
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近タイワリスト。
検索フォーム