fc2ブログ

メインは秋刀魚。引き立て役の総菜。

080924dinner.jpg


本日の夕食メニュー
 ●秋刀魚 すだち添え
 ●茄子の寒天寄せ
 ●鶏皮ときゅうりの柚子ポン酢
 ●きんぴら蓮根 (蓮根、にんじん、牛肉)
 ●きゃべつとうすあげのお味噌汁
 ●めんたいこ


秋刀魚は、いつもの魚屋さんで。
というわけで、まわりをかこむおかずは、手抜きである。

 寒天寄せは、ワタシの好物。
 何を固めるかにはこだわりはないけれど、ジュレとか、ゼリー寄せとか。
 食べることより、見るのが好きなのかも。


だんなさんは、おいしい魚を食べだすと、他のおかずを忘れる。
おかずは手抜きで、秋刀魚に添えるすだちは、きちんと買っておきました。
この、すだちが添えてるだけで、

 「やったー。」

と、喜ぶ。

 
 そうだね。
 ワタシにしてみりゃあ、添え物なんて贅沢品だと思ってたから、
 我が家の食卓に登場するようになったのは、最近だもんな。

 ワタシは、大根が添えてあるだけでなんと贅沢。と感じるけれど、
 (すだちなんざあ、贅沢の極みじゃ。)
 だんなさんは、大根は重視しないようだ。
 。。。。せっかく面倒なのにいらないなら、おろさないもんねー。



焼きたてを食べたいので、だんなさんが帰って来てから、
秋刀魚をグリルへ。
我が家は片面焼きグリルのため、程よき頃にひっくり返さねばならない。
ここで出るのが、我が家の”ヤキカタ”さん。(=だんなさん)
ヤキカタさんは、魚焼きのプロだ。(いや、セミプロだな。)
ワタシ的には、もうちょっと焼いた方がいいのでは?
と、思うところで、「よし。」のお言葉。

 はいはい。

いつもどおり、ハラワタが楽しみなのだ。
だんなさんは、慣れた手つきで、秋刀魚を解体。
っていうか、解剖????

 「綺麗に食べるねえ。解剖みたい。」

と、褒めると、はじまる。

”だんなさんによる、焼き秋刀魚解体ショー”

丁寧な解説付き。

 アタマの付け根の方には、秋刀魚が飲み込んだウロコがたくさん入っているので、
 食べませんよー。もったいなくても取り除いてくださいねー。おくちにさわりますよ。
 続いて、腹の脂部分を味わいます。
 そしてメインのちょい苦のハラワタを食します。これがたまりません。
 太い骨をはがしてから、細かい骨を丁寧に取り除いていきます。
 ここできれいに骨をとっておくと、あとは心置きなく味わえますので、
 心が逸っても、しーっかりとりのぞいてくださいねー。
 取り除いた骨についている脂身は、勿体ないのでこそげて食べます。
 細かな骨をすべて取り除いたら、残しておいたすだちを。。。。。

 。。。。。って、奥さん、まだこれからですよー。
 え?もういい?

 今日の焼き秋刀魚、ウマいッスよー。。。。。。。。。。



ワタシの力作(手抜き)料理も、褒めてください。
それに、解体ショーやってる間に、
ワタクシ、もう、ハラワタも細かい骨も全部食べちゃいましたから。



にほんブログ村 料理ブログへ ← くりーっく。

テーマ : ごはん日記(写真付き)
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

guma*ticノ中身。
異世界トリップ。
月月ツキ。
サンカランキング
ぽちり。うれしいデス。
ブライスblog同盟
RSSリンクの表示
gumacoノココントコ。
過去記事のコメントも歓迎。
コノ日ハ、何シテタ?
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近タイワリスト。
検索フォーム