ナナシとマルイ。山梨で社会見学①

201709hakushu_blythe-15.jpg


大変時間があいてしまいましたが、とても楽しい時間だった山梨旅行のことを思い出しながら。


201709hakushu_blythe-14.jpg


山梨のペンションで車を停め、オーナーさんに車で送っていただいた、こちらはサントリー白州工場・蒸溜所♪
本当にすんごくいいお天気で最高でした。ピーカンだよ、ピーカン。


201709hakushu_blythe-19.jpg

大阪にある山崎蒸溜所へも行きましたが、自然の囲まれ感のスケールが桁違いです。

201709hakushu_blythe-22.jpg

この日の予定は、朝からサントリー天然水 南アルプス天然水白州工場の見学ツアー、
ランチタイムをはさんで、お昼からは白州蒸溜所ツアー。
とてもいい流れでツアー予約ができました。

・・・・むろん、これは、PC犬の事前予約のおかげでございます。

201709hakushu_blythe-20.jpg


そうそう、上の写真は受付し、敷地内に入ったところにあるファクトリーショップ「イン・ザ・バレル」です。
ウイスキーの他、樽材を使ったアイテムや、樽材でスモークしたおつまみ、グラスなどが販売されています。


白州蒸溜所でのおすすめ品は、一般にボトルで販売している普通の白州とは違う、
この蒸溜所でしか買えない、1つ1つのボトルにナンバリングされている白州蒸溜所Ver.ウイスキーです。

ワタシはこれを知らなくて、ペンションのオーナーさんに教えてもらったんだけれど、
オーナー曰く、「人気があるから受付入る前のショップで先に買っておいたほうが良いよ。
ツアー参加したあとだと、売り切れていることが多いみたいだから」とのことで、
言われたとおり、ナンバリング白州を手に入れるべく、1枚目の写真の右側に写っているショップに入りました。
(駐車場内ショップってやつです。)
ぐるぐると見て回ったんだけれど、教えてもらったようなお酒は見つからず。

『今日は販売されてないのか、皆ツアー前に買ってすでに無いのか・・・』

と残念に思っていたところ、商品棚の上に、なんのポップも金額表示もされていない一角に、
小さめの箱がいくつか並べられているのを発見。
ぱっと見は、グラスが入ってそうな感じだったけど、「サントリー白州蒸溜所シングルモルトウイスキー」と地味に書かれている!
もしや?と思って、店員さんに「これって何ですか?」と聞いたところ、「これは白州蒸溜所でしか買えないウイスキーですよ。」とのこと。
「これやん!!あるやーん♪」
ということで、無事、特別なナンバリング白州をゲット〜♪


ちなみに、準備してあった商品説明と金額表示のポップを並べ忘れていたらしく、店員さんは慌てて持ってきて並べてました。(笑)

ツアー後に見に行ったら、ほんとに敷地内ショップでも売り切れていたので、欲しい場合は先に買っておくのがおすすめです。


201709hakushu_blythe-27.jpg

ツアーの開始15分前に、集合場所へ移動。
ウイスキー博物館です。

201709hakushu_blythe-28.jpg

はじめにツアーの説明がさらりとあります。

201709hakushu_blythe-24.jpg


ツアー中は移動と見学に集中してたので、写真がありません。

本命のウイスキー蒸溜所見学前のウォームアップと思っていましたが、
水の工場見学もなかなか面白かったです。

工場へはバス移動。敷地が広大なんですよね〜。

工場内は人がいなくて、すべて機械でオートメーション化。
ペットボトルに水が充填され、ラベルが貼られ、大きなアームで一箱のダンボールに一気にボトルを詰め、
蓋をしめてできがり〜・・・と、すごいスピードで商品ができていく様は圧巻でした。

我が家はサントリーの天然水じゃなくて、アルカリイオン水ペットボトルを定期便で購入しているんだけど、
玄関で梱包から出して、4本ずつキッチンの収納庫まで持ってきて仕舞う作業を数回往復するのが大変。
うちにもあんなロボットアームが欲しいです。(ね!PC犬♪)


201709hakushu_blythe-32.jpg


工場見学がおわると、試飲会場へ。
・・・まあ、水ですわ。

とはいえ、最近はいろはすとか、透明だけど水じゃないジュースとか流行ってるじゃないですか?
そして、サントリーもそういった商品を作っていて、数種類の透明飲料を試飲させていただきました。

普通の天然水。炭酸水。
レモンの香りのお水、紅茶味のお水。←この表現はあっているのだろうか???

飲み放題だけど、普通の天然水だけでもけっこうな量をいただいたのでお腹はチャプチャプ。
午後からのウイスキーを見据えて、ここはセーブですよ。


201709hakushu_blythe-36.jpg


ランチは敷地内にあるレストランで。
こちらは当日予約はできなくて、予約は事前制。
ツアー待ちの人たちでいっぱいになってしまうかもと心配しましたが、水ツアー後一目散に行った甲斐があり、
すぐに席につくことができました。できれば予約しておいたほうが安心かもしれませんね。

ウイスキーとウイスキーにあうおつまみのセットなどもあって、惹かれちゃいましたが、
ここも、この後のことを考え、酒抜きでランチに。


201709hakushu_blythe-40.jpg

なかなか豪華だし、こういうところのお店だから。。。なんて侮ってた分、満足感さらに倍。
鴨のスモーク、ワカサギのマリネ、厚めにカットされたローストビーフは、山梨のぶどうのソースで。
スープとパンも付いています。

201709hakushu_blythe-42.jpg

お酒を飲むのは我慢したけど、どうしてもウイスキーを感じたくて、
アイスクリーム ウイスキー風味を追加オーダーしました。

付いてきたウイスキーを多めにじゃばじゃばかけると、んまー♪

201709hakushu_blythe-35.jpg

テラス席の屋根がきいろいもので、写真の写りが悪いんですけど、
お料理も美味しいし、自然も感じられて最高でしたよ。


201709hakushu_blythe-39.jpg


さ、次はウイスキー蒸溜所ツアーだ!




★ ★ ★ ★ ★ ★



只今のgumacoの近況は。
仕事は順調にヤバイ。
しかし、ワタシの残業時間も激ヤバで、上司からの指導があり、9月はなんとか、言われたとおりの残業時間にセーブ。
無論、セーブするので、仕事も終わらん。
今のプロジェクトは12月中には概ね完了させなくてはならないのだけれど、見通し真っ暗。


テーマ : Blythe*Love!
ジャンル : 趣味・実用

ナナシっ子。写真を撮る。【千ケ淵①】

201709blythe千ケ淵-2


記事の更新が時系列では無いことをご了承ください。

山梨の旅2日目はさらなる癒やしを求め、ぷちトレッキング。
千ケ淵へ行きました。

ぷちもぷち。
車で近くまで行って、ちょっと歩けばすぐでした。


201709山梨の滝-1


( ↑ 千ケ淵 撮影:PC犬 編集:gumaco )


ワタシたちは沢を歩けるような履物ではなかったので、これ以上向こうへはいけませんでした。
こちらはトレッキングコースのほんの入り口。
もっと歩けば様々な渓谷美を味わえるらしいです。
ちょっと残念。

それでも、
緑に癒され、水に癒され、音に癒やされる。


201709blythe千ケ淵-1


時間があれば少しずつ写真をアップしたいと思っています。
一応1日目の写真は、ペンションで眠気と闘いながら編集したんだけどね。
全部じゃないから1日分にまとめられないよ〜(´;ω;`)


ナナシもたくさん写真を撮りましたから。

テーマ : Blythe*Love!
ジャンル : 趣味・実用

ナナシとマルイ。山梨にキテマス。

201709hakushu_blythe-8.jpg


久しぶりのブログ更新。
相も変わらず、というか、忙しさがエスカレートしていっておりますが、
とはいえ、「夏期休暇はちゃんととらせてもらいますから!!」というわけで、
只今、山梨県にやってきております。

・・・・ってか、土日で来てて、何が夏季休暇やねんって思わなくもないですけど。


201709hakushu_blythe-3.jpg

毎度のことながら、旅程はPC犬にまかせっきり。
ワタシはただ、ざっくりとしたことを聞いて、主にナナシとマルイの旅支度をしてしゅっぱーつ!

今回の旅は車で。(運転は無論、PC犬。我が家にはPC犬がいて、便利だね♪)
金曜の夜に出て、途中のサービス・エリアで車中泊。朝からもう少し走って到着。

201709hakushu_blythe-5.jpg


到着前から、車窓から見る景色に癒やされまくりです。
緑がきれい!!天気もいいから空もきれい!!
そして、程よく涼しい。

お宿はペンション。
良い感じに年季がいっていて、落ち着きます。




201709hakushu_blythe-13.jpg


旅の目的は、ずばり、白州蒸溜所見学!




201709hakushu_blythe-11.jpg





楽しかったお話はまた今度。
とにかく山と緑と水に癒やされております。
(とかいいつつ、PC持ってきちゃってんのよね。ワタシって病気。)

テーマ : Blythe*Love!
ジャンル : 趣味・実用

そうだ、京都へ行こう。(お食事編)

良い眺めでございます。


川下りの後は、お寺や神社、お土産物屋さんを散策してからお食事に。
そうだ、京都へ行こう①は、blythe(neo)カテゴリに入れています。

渡月亭で湯豆腐と、竹籠入りのお弁当をいただきました。


5月のお弁当。


お弁当にはちいさいおかずがたくさん。
鱧にしんじょ、かもにだし巻き、コーンの揚げ物、海老の揚げ物、
こんにゃくの煮物、サツマイモの甘煮、早良の幽庵焼き、胡麻豆腐、
姫竹、お野菜の煮物、湯葉・・・。

正直、どうせ最下ランクのメニューだろうよと、期待はしていなかったのですが、
おいしかった!超薄味でどれも一緒ってなことになるのかとおもいきや、
(え?浅はか?)どれもちゃんそそれぞれにしっかりとしたお味が付いていて、
お弁当らしく、冷たくても美味しい。


湯豆腐。


京都といえば、湯豆腐。(?で、いい?)
こんなことなら、湯豆腐の食玩をもってくればよかった〜・・と思いましたwww
まあ、今回はリハビリ的な感じで、あれこれ考えず、ナナシとちょっと撮影ごっこできればな
といったふうだったので、まあよいのですけど。

こちらも、かなり甘く見ておりまして。
たかが湯豆腐だと思っていたのです。

しかし、美味しいんですね〜。
豆腐がふんわり、甘くてちゃんと味がある。(んー。上手く表現できない。)
これはまた食べに来たいな、と思う味でした。

次回は湯葉とかも食べたいぞ!



良いお風呂でした。


日帰りお食事&入浴プランだったので、しっかりお風呂も入ってきました。
普通の大浴場だったけど、ちゃんと温泉でしたよ。

だーれもいなくて、おっきい温泉を独り占めして満喫!


ちかれた。


調子にのって、髪まで洗っちゃったら、乾かすのに時間がかかって、
せっかくお風呂で疲れを癒やしたのに、若干疲れたりしてwww



最後に、旅の楽しみ、ご当地ソフト!


抹茶と豆腐!


奥が抹茶、手前がお豆腐のソフトクリーム。
めずらしさからいって、ここはお豆腐でしょ!
って思ったんだけど、抹茶が、かなり濃くて美味しかった。
お豆腐は・・・さっぱり目で、味がまさに豆腐。
家で豆腐を混ぜたケーキとか作った時に、ふんわりと拭うことが出来ない豆腐の香り・・・
ってあるじゃないですか。アレですね。まあ、それがまさに豆腐ソフトということですな。


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

八島丹山にてホルモンうどん。

20130331food1.jpg


西国巡りの旅、松尾寺へ行ってからお昼ごはんを食べに行きました。
西国巡りではなかなか名物のものを食べる、とか、オプションな楽しみ計画ができていなかったのでうれしい!
要するに、ワタシが毎度、「なんかないの〜?」とか言うもので、PC犬(=だんなさん)が探しておいてくれたのでした。

「八島丹山」というお店。焼肉とホルモンのお店ですが、有名なのは「ホルモンうどん」だそうで。
ネットで調べてみましたら「舞鶴観光協会推奨ホルモンうどんの店」だって。なんかすごいぞw


20130331food2.jpg


ワタシたちは、ランチメニューほホルモン焼きランチを注文しました。
ホルモンをご飯と一緒に食べる、〆にホルモンうどん・・・というお得なセットです。

さて、ホルモンうどんってなんぞ?と思うのですが、作り方は ↑ のような感じ。

ホルモンを焼く鉄板は、真ん中が山になっています。
まずは、普通にホルモンを焼いて、ご飯と食べます。
このあいだに、鉄板のすその溝になっている部分に水を入れ、野菜を蒸し焼きのようにします。
水はひたひたを保つようにするので、野菜はちょっと茹でる感じになっているかしら。


20130331food4.jpg


ホルモンは大きめサイズでぷりぷり。甘くてとても美味しいです。
ほんとのところ、こればっかりでも充分満足www
そう言わないで、ホルモンうどん食べようぜ。

↓ 机の上に、「魔法の水」が入ったポットがあります。
鉄板のすその水は無くならないように足しておきますよ。これがホルモンうどんには大切。


20130331food3.jpg


ホルモンを焼くときに出る、脂とタレが山になっている鉄板のすそへ、すそへ流れるんですよね。
うどんは、スタッフのかたが仕上げてくれます。

うどんをどさっと鉄板に広げて、鉄板のすそに溜まった出汁を吸わせるように、よく混ぜながら焼きます。


20130331food5.jpg


たくさんあった出汁を、うどんが全部吸い取って、ホルモンうどんの出来あがり!

ホルモンからでた脂の甘味が濃い。
べったりタレの味ではないので、まさにホルモンの出汁で食べる的な感じですね。

うどんを仕上げてくれたスタッフの方、店長さんだったのかしら。
FBとブログに熱心のようで、記念撮影をすすめてくださいましたが、
疲れのせいで、全身から負のオーラが出てる感じだったのでお断りいたしました。
ホルモンうどんを舞鶴名物として紹介したいという熱意が伝わり、とても素敵な方でした。


ホルモンうどん、かなりのボリュームで、さらに脂をまとっているからか、とてもお腹にくるんです。
ご飯も食べていたので、おなかがいっぱいになってしまいましたよ。


20130331food6.jpg


ごちそうさまでした。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

guma*ticノ中身。
異世界トリップ。
月月ツキ。
サンカランキング
ぽちり。うれしいデス。
ブライスblog同盟
RSSリンクの表示
gumacoノココントコ。
過去記事のコメントも歓迎。
コノ日ハ、何シテタ?
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近タイワリスト。
検索フォーム