ナナシんち。灯油補充を巡る静かな戦い。



毎日寒いですね。

2月に入るまで、「あれ?冬ってこんな暖かいもんだったっけ?」
なーんて思っていましたが、やはり冬って寒いもんでしたね。

あったりまえやんけー(ノ・ω・)ノ゙



20190211blythe-3.jpg


暖房って、どうしてますか?
gumacoんちはガスファンヒーターを使っています。
すんごい寒い日は、部屋が暖かくなるまでエアコンを併用したりもしてしまいますが。
加湿をしっかりすることで、体感温度が上がる感じがするので、
PC犬に加湿器の水補充担当をさせています。←ヲイ

リビングに居る時は、床暖房をつけたりもするんですけど、
最近はめっきりダイニングテーブルにふたりともべったり。
ダイニングテーブルに、様々な充電ケーブルを備え付け、テレビにFireTVStickを導入、
テーブル上にiPad miniを常設したらなんとも快適で快適で。
もちろん、リビングに移動しても、同じ環境なんですけども。(流石、PC犬んち)


さてさて、ナナシんちの暖房事情はといいますと・・・・・


20190211blythe-2.jpg


マルイ「ぅうーーーむぅ。脚が冷えるのデス・・・・。」

いつもはエアコンで暖房派のナナシんちですが・・・・・。


20190211blythe-4.jpg


なぜか今日はストーブ✕ストーブ!


20190211blythe-9.jpg


マルイ「さっきまではあったかだったのに、急にひゅーひゅーしてきたのデス〜。」


20190211blythe-6.jpg


ナナシ「それはなぜかと言うとな、ストーブの灯油が切れたんだよ。灯油が。」


20190211blythe-7.jpg


ナナシ「暖かく、快適に過ごしたいと思うなら、灯油をタンクに補充する必要があるんだゼぃ。」

マルイ「うにゅにゅーーー・・・。でもふわふわひざ掛けをもふもふしてると、ちょっとあったかくなってきたような・・・。
マルイはかぜの子なので、ちょっぴりさむいのもへっちゃらなのデス〜・・・。」


マルイ(知っているのデス、マルイは。灯油を補充するには、このあったかいお部屋を出て、
きゅーーーっと寒い廊下を歩いて、赤いタンクが置いてある玄関のところまでいかねばならぬことを!!!)



マルイ「もしや、ナナシ、さむいのがガマンならないのデスか?灯油ホジューに行くデスか?
マルイはへっちゃらなので灯油ホジューはいらないんデスが〜。」

20170203blythe0.jpg

ナナシ(ぬぬ???マルイめ、灯油を補充しに行くのが寒くて嫌なんだな??
変にずる賢い知恵をつけよってからに。)


ナナシ「誰が寒くないって?さっきから脚ガタガタさせてんじゃんよ。
へっちゃらが聞いて呆れるゼぃ。
そもそも、どうしてエアコンってものがあるのに、石油ストーブを使う羽目になってるか、
お主、忘れたわけではあるまいな??」

マルイ「ぐぬぬぬぬ・・・・」

ナナシ「そもそも〜、タヌキ顔の居候さんが〜、エアコンのリモコンをスマホ、スマホって言いながら、
おもちゃにしてて、どこかへなくしてしまったからですよね〜?」


20190211blythe-8.jpg

ナナシ「エアコンの主電源が馬鹿になってて、リモコンがないと使えないんですよね〜。
あんまり寒い寒いって言うから、灯油を買いに行ったのは、だれだったかなあ??」

マルイ「にゃにゃしさまにござるデス・・・」

ナナシ「だよね〜?で、その間、ぬくぬくとリビングでくつろいでいたのは〜?」

マルイ「マルイでござるデス・・・・。」

ナナシ「ふむ。では、今から給油タンクに灯油を補充してくるのは、どこのタヌキ顔ブライスかな〜?」


20190211blythe-5.jpg


さ、マルイよ、負けを認めて、灯油、入れてらっしゃい。

マルイ「マルイはマンネンスマイルフェイスなのデス!タヌキ顔じゃないのデス!にゅっ!!」



★ ★ ★ ★



こういう攻防戦、ありません?

テーマ : Blythe*Love!
ジャンル : 趣味・実用

ナナシんち。節分ぶんぶん。


2月3日、節分ですね。

節分といえば・・・「太巻き寿司の丸かぶり」ですよね。

・・・って、そう思うのはワタシが大阪人だからですよね。
しかしながら、最近は全国的に浸透してきて、デパ地下でもコンビニでもスーパーでも、
太巻き寿司やら、巻物に便乗していろんなロール状の食べ物が、節分の日の店頭に並びます。


20170203blythe-2.jpg


ちなみに、gumaco家は只今ゆるっと糖質制限(ゆるっとのわりには全くご飯も小麦粉のパンも食べてないが。)
のため、ながーい生春巻きを買ってきました。
ご飯がいっぱいつまった太巻き寿司を丸かぶりするよりも、一応制限できるかなと思いまして。
んでもって、生春巻きが好きなので、海苔巻きずしよりうれしかったり。


20170203blythe-1.jpg


先程から、「丸かぶり」って呼んでますけど、世間で広まっている呼び方は「恵方巻き」ですね。
なんでも、セブンイレブンが節分に恵方を向いて丸かぶりする太巻き寿司を「恵方巻き」という名前で売り出したから、
節分に食べる太巻き寿司=恵方巻きになったとか・・・・。



20170203blythe-4.jpg


元は江戸時代から明治にかけて、大阪の花街でお祝いや商売繁盛を祈って食べたのがはじまりだとか。
今はワタシも、世間の流れに乗って「恵方巻き」とか洒落た感じで呼んでしまいますけど、
子供の頃は「丸かぶり」って呼んでました。
関西の人なら、けっこうそちらの呼び方のほうがすんなりくるっていう方もいるのではないでしょうか。

ワタシが聞いた話では、お茶屋さんがお茶がオフシーズンのときは海苔を扱っているところが多くて、
その海苔をなんとかどばーっと売り出したいということで、節分には海苔巻きを丸かぶり!というのを流行らせたとか。
諸説あるのかもしれませんが。



20170203blythe-6.jpg


さあさあ、ようやく夕食の準備ができたようです。


20170203blythe-8.jpg


今日はどうしてワタシがこつぶよろしく、恵方巻きの解説をしているのか??
それは、丸かぶりの正しい食べ方のせいでございます。



20170203blythe-201.jpg


これにも、たぶん地方によって様々なのかもしれませんが・・・・

こつぶ「丸かぶりの正しい食べ方はな、まず、太巻き寿司を切らんと一人一本。
その年の恵方を向いて。。。あ、恵方っちゅうのはな歳徳神さんのいらっしゃる方位のことやねんで。
この方位は毎年変わるんや。十干によって決まるねん。
十干っちゅうのはな、陰陽五行の木、火、土、金、水と陰陽のえ、とを対応させたやつで・・・」

ナナシ「んで、今年の方角は北北西でよかったっけ?」

こつぶ「そうや、そうそう、方角だけとちゃうねんで、決まりごとは。
食べだしたら、絶対に一言もしゃべったらあかん。食べ終わるまでやで。
この決まりごとは、もしかして家庭によって違うかもしれんけどな。
まえ、知り合いの人は食べ終わるまで笑い続けながら食べるとかゆうとったわ。
そんなんしとったら、全然食べ終わる気ぃせえへんけどな。」

ナナシ
「よし!じゃあ、もう、おしゃべり禁止〜!」

マルイ「いざ、丸かぶり!なのデス〜♪」


20170203blythe-105.jpg


ナナシ(よしよし、やっとこつぶの話をさえぎれたぞ。)



20170203blythe-202.jpg


ナナシ(さあ、、、何を祈りながら食べようかなあ・・・家内安全・・・いやいや、なんでそうなる。
商売繁盛か、厄除け祈願か・・・ん〜・・・)



20170203blythe-102.jpg


こうやって、家中のみんなが一方方向を向いて、太巻き寿司を無言で食べ続ける光景って笑えますねwww

子供の頃、この丸かぶりの時間がおもしろくて、わざと一口食べ始めた家族に話しかけたり、
笑ってしまうような話題をふったりしてふざけました。




★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


こつぶ「よっしゃ!ごはんが終わったら、豆まきやで!」

そう、節分といえば豆まき。
海苔屋さんとセブンイレブンの売上げアップキャンペーンにのっかってるだけでは駄目ですね。



20170203blythe-113.jpg


こつぶ
「季節の変わり目は邪気が出やすいってゆわれとって、その厄を追い払うために豆まきをするんやで。
なんかようわからん、海苔巻きの一本丸かぶりだけで終わっとったらあかんで。とかゆうてな。(笑)
なんで、豆やねんって話やけど、これはいくつも説があってな、豆とか米とかの穀物に魔除けの力があるって考えられてたからとか、豆と魔目っちゅう語呂合わせで、鬼、ここでいうと「魔」やな、魔の目に豆を投げつけて、魔を滅するってこととか、なんかラップみたいやな。豆で魔目〜、投げつけるYo〜、豆で魔目〜マメに魔滅〜♪っちゅーてな〜♪他にも色々いわれはあるみたいやけど、とにかく、豆まきに使う豆は、必ず炒り豆を使わなあかんねんやで。豆を炒る、は射るっちゅう言葉にも通じるからや。生の豆を使ったら、ひらいわすれたやつから芽が出て、それが縁起が悪いとかゆわれてるからな。



20170203blythe-114.jpg


マルイ「あかおにさん、準備万端なのデス!!!」



20170203blythe-112.jpg


こつぶ「そうか、ほな、さっそくやろか〜。」










20170203blythe-120.jpg

「おにはーーーーそとっ!!!」

20170203blythe-119.jpg


マルイ「んにゃーーーー!!!!おまめさん、バチバチいたいのデスっ!!!!」


こつぶ「ええい、容赦せぬぞ、赤鬼め、おにはーーーーそとっ!!!」





「福はうち」も、ちゃんとやっといてね。



★ ★ ★ ★



節分の話がとても長くなってしまいましたが、もうひとつ、節分といえば・・・がありましたので。

20170203blythe-122.jpg


マルイ「節分に、ひいらぎとイワシなのデス。・・・・とこつぶから聞いたのデス。」

柊鰯って、玄関に、柊とイワシの頭を魔除けに飾ります。
これも、地域によってそのような風習があったりなかったりなのかもしれません。


20170203blythe-123.jpg


マルイ「イワシの臭いとひいらぎのトゲで、鬼さんたいさん!なのデス。うむうむ。」



20170203blythe-125.jpg


こういう、地方や家庭によって違いの有りそうな風習とかって面白いですね。
みなさんのおうちでは、どのような節分の風習がありますか??

テーマ : Blythe*Love!
ジャンル : 趣味・実用

ナナシんち。書き初め作品とオマケ。

20170123blythe-12.jpg


今回は、「2017年書き初め大会inナナシんち」の書き初め紹介。
え?いらない??

・・・まあ、まあ、そう言わんで。

その1の記事はこちらから➡① ナナシんち。書き初めって。(こつぶのうんちく)
その2の記事はこちらから➡② ナナシんち。書き初めで何書こう?



トップバッター、ナナシ。


20170123blythe-23.jpg


◆「初心貫徹」(しょしんかんてつ)初めに心に決めた志を最後まで貫き通すこと。
◆「精励恪勤」(せいれいかっきん)力の限りを尽くして学業や仕事に励むこと。

おひとりさまをエンジョイしていた日々を忘れず、アクの強い居候達の勢いに流されることなく、ブログでの活躍を誓う!!
今や、モデル業廃業かと噂されているけれど、雑誌やイベントだけがモデルの仕事じゃない。
普通の暮らしがかっこいい、ライフスタイル見せてくスタイルで。
モデルもがんばるんだゼぃ。 byナナシ



20170123blythe-26.jpg


マルイ
◆「らぶあんどぴぃす。」 深い意味はない。なんか平和でハッピーな感じがマルイのお気に入り。

アイとヘイワでにこにこシアワセなのデス♪
今年もへっぽこ活動えんじょいするデス♪  byマルイ

PC犬
◆「生涯自作機」 自作PCを組むのが趣味(?)のPC犬。アップルの誘惑に負けず、生涯自作機やってやるぜ!という心意気か。
・・・と言ってるそばから、MacBook買ってやーつーーー。

わほわほ♪  byPC犬



20170123blythe-27.jpg


セリ
◆「一言芳恩」(いちごんほうおん)ちょっと声をかけてもらったことを忘れずに感謝すること。

なかなかこちらにお邪魔する機会がなくてさびしいけれど、私のことをいいねって言ってくれる人がいてうれしかった。
もう少し積極的になってみようかなって・・・・   byセリ


20170123blythe-22.jpg


こつぶ
◆「日々是好日」(にちにちこれこうにち)こだわりを捨て、ありのまま、懸命に生きればすべて好日である・・・といったような意味でしょうか。
◆「長楽萬年」(ちょうらくまんねん)楽しいことが久しく限りなく続くこと

生きとったら大変なことも辛いことも色々あるけど、自分なりにがんばってやっていったら、それは全部ええ日になるやろ。
「楽しいは作れる」やで。  byこつぶ



20170123blythe-01.jpg


guma*ticはまだまだお正月気分ですけど、もう世間は2月目前。
ワタクシ自身も、お正月気分なんて2日過ぎたら終わっちゃいましたけど。
とりあえず、せっかく撮ったお正月っぽいミニチュアの写真をアップしておきます。

なにげにこれ、お気に入りです。
御朱印帳と絵馬、破魔矢とおだんごのセット。
セーラーマーズ、火野レイのおじーさんの神社ですな。
(麻布十番の氷川神社がモデルだそうな〜。大阪人のgumacoにはよくわかりませんが〜。)


20170123blythe-02.jpg


おだんごは、そんなにもサイズは小さくないけど、「火」という文字の焼印がなんだかリアルで良い出来♪
次のナナシんちは、2月ですかね〜。
とりあえず、1月の記事を1月中にアップできてうれしい!!



テーマ : Blythe*Love!
ジャンル : 趣味・実用

ナナシんち。書き初めで何書こう?

20170123blythe-3.jpg


ナナシんちの書き初め大会!
まずは、こつぶのそんなにありがたくもない書き初めうんちくからはじまりました。

(その1を見てない人は、こちらをどぞ。➡「ナナシんち。書き初めって。(こつぶのうんちく)」



マルイ「じゃじゃーーーんっ!!!見て見てなのデス!」


20170123blythe-8.jpg


マルイ「2017年書き初め一番乗りはマルイなのデスっ!!」
ナナシ「はえっ!」


20170123blythe-9.jpg


マルイ「いつもニコニコらぶあんどぴーす!きゃっちあんどりりーすなのデス♪にゅふ。」

ナナシ「意味不明。なんか頭わるそー。やっぱり書き初めは2文字とか4文字熟語とかがよくね?」

こつぶ「まあ、それが無難やな。でも、別に熟語でないとあかんゆうきまりなんてないんやから、自分の好きな文字を書いたらええんやと思うで。ま、しかし、書初めは速さを競ってるわけやないんやから、じっくり丁寧に書くのがええと思うで。そもそも字が上達しますようにぃゆうことやねんから、そういう姿勢で書かなな。適当に書いとったら、神さんかて、「どないしたいねん」ってなもんや。」


20170123blythe-14.jpg


マルイ「ふーーーむぅ・・・・。」

こつぶ「一年のはじまりやし、今年の意気込みとか、抱負を書くのもええんちゃうか。もちろん、らぶあんどぴーすも、マルイらしくてええと思うで。無理に難しい言葉やら漢字を書こうとせんでもええんや。ようは、気持ちと姿勢や。」


20170123blythe-15.jpg


ナナシ「心を落ち着けて、気持ちをこめて・・・・」


20170123blythe-11.jpg 

20170123blythe-13.jpg


ナナシ「よーし!1枚かけたぞ!」


20170123blythe-00.jpg


ナナシ「んーーーー・・・。なんか、ありがちな感じかな?もう1枚書いてみようかな。」


ナナシの1枚めは、「初心貫徹」。
初めに心に決めた志を最後まで貫きとおす といった意味ですね。
なかなか、書くのは簡単ですが、実践するのは大変難しい。


マルイ「そういうやつ、なんかマルイも知ってるデス〜。」

こつぶ「まだ書き初め用半紙、あるで。」


20170123blythe-19.jpg

ナナシ「これはどうだ!・・・・って、なんかめっちゃ堅いな。」

20170123blythe-20.jpg


なんだか、お家で書道も楽しそう。

大人になってから、やってみたくなることって、色々ありますよね。
書道も、こどもの頃は、準備も片付けもめんどうで、あまり好きではなかったですが、
こうして見てみると、ワタシも一筆書いてみたくなりました。



20170123blythe-24.jpg


マルイ、渾身の一筆!


まあ、これくらいが、彼女の精一杯ですので、お許し下さい。
字がもっと上達するといいですね。

テーマ : Blythe*Love!
ジャンル : 趣味・実用

ナナシんち。書き初めって。(こつぶのうんちく)


2017年1月2日のナナシんち。

なにやらみんな集まって、「書き初め」のご様子??


20170123blythe-5.jpg


こつぶ「やっぱり書道のはじまりは墨をすることからやな。

まずは、すずりの”丘”って呼ばれる平らな部分に水を垂らして、ゆっくり墨をするんや。
こうしてるだけで、なんか気持ちが穏やかになってええもんやな。
力の入れ具合は「病婦のごとく」弱い力で磨れとか言われるように、あんまり力任せに磨ったらあかん。
やけど、あんまり弱すぎたら、なっかなか濃墨がでけへんからな、そこはええ塩梅に加減が必要や。
墨は削るんやなくて溶かす、ゆっくり心を落ち着かせながらやったら、ええ字も書けるってもんやで。


20170123blythe-7.jpg


ナナシ「んー。なんか、気持ちを落ち着かせてから書くってのはいいことだって思うんだけどさ、
ほんと、墨をいちから磨って準備するのって、けっこう時間かかってめんどくさいじゃん?
ってことで、ナナシは墨汁使う派だな。」

こつぶ「もちろん、墨汁が悪いわけやないんやで。
いつもちゃんと黒の色がすぐに使えて便利やけどな、墨汁は防腐剤とかが添加されてて、腐敗やら沈殿を防いでるわけやけど、それによって筆が傷んでまうんや。一定の黒っていうのも便利な半面、墨と比べて書に表情とか深みを出しにくいんとちゃうやろうか。墨の色は一定やなくて、もしつけすぎで書いたとしても、墨汁やったらただの真っ黒になってしまうところ、墨やったら乾くと色が薄くなって、文字が浮き出てきていい味、いい深みになるわけや。それに、固形墨は香料が使われてるから、精神を安定させてくれるらしいで。」


20170123blythe-6.jpg


ナナシ「へー・・・。じゃあ、墨汁で墨磨ろうかな。ちょっと時短で楽できて一石二鳥〜♪」

こつぶ「そやな。墨汁だけやとにじみが気になったりするから、それでもええんちゃうか。
字ぃ書く前に嫌になってたら本末転倒やしな。
1月2日は事始めっちゅうて、何かをはじめるのにぴったりな日なんや。
この日にはじめたら、なんでもはよう上達するぅゆわれてんねん。
平安時代は元旦に汲んだ神聖な水で墨を磨って、その年の恵方を向いて詩歌を書いたらしいで。吉書初めっちゅうんやけど。
江戸時代には庶民にひろまって書き初めになったんやな。
小正月には左義長やらどんど焼きで書き初めを焼いて、その炎が高く上がったら字が上達するっていわれてるんや。
なんでも初めが肝心や。事始めの今日に書くことに意味があるんやで。」


20170123blythe-3.jpg

ナナシ「ふぅん。もう、最近はパソコンとかスマホばっか使って、字書くことなんて無くなってきたからなぁ。
とりあえず、何書こうか・・・・。」




★ ★ ★ ★


書き初め、しましたか?
・・・・ワタシは・・・してません。

今回、書き初めについて調べてみて、初めて、書初めは1月2日の行事だということを知りました。
恥ずかしながら。

学校の冬休みの宿題とかであったっけ・・・?って考えてみたけど、なかった気がします。どんな字を書いたかとか覚えないもんなあ・・・。

今は、ワタシが小学生だった頃と比べて、学校のお習字事情がかなり違うようですね。
「書道セット」といえば、男子は黒、女子は赤の、まさに記事内のこつぶのとなりに置いてある硬くて取っ手が短くて持ちにくいカバンに詰まっていましたが、今はadidasやらPUMAやらのスポーツブランドのカバンや、ショルダーがついて持ちやすかったり、防水の効いてそうな丈夫なナイロン生地のものとか様々なようです。
機能面も重視されていてとても羨ましい。

すずりもプラスチックのものを使ったりするんだそうな。
まあ、絵で言うところのパレットってことなんでしょうね。墨は磨らなくても墨汁使えばいいんだし。

ちなみに、ワタシの学校の担任は、墨汁をあまり使わせてくれず、墨をするのに大変な思いをした記憶があります。
「うおー!時間中に黒にならないんですけどっ!!」と焦りながら墨を必死で磨ってました。
・・・・全然心落ち着けられてないやん!!

あと、驚いた最近の学校のお習字事情。
「学校では習字道具を洗わせない。」
これは、朝の情報番組で見てしり、会社の子どももっている人も言っておりました。
まあ、洗うところ汚れますしな。なかなか世知辛いですけど、時代なんですかね。
ワタシが小学生の頃は、普通に手洗い場で筆とかもろもろを洗い、ゴミも学校で捨ててましたね。
父に、「筆は水で洗ったらダメだ」と言われていたワタシは、新聞紙で何度も拭って直しておりましたが。
・・・・次回使う時にはがっぴがぴで、ほぐすのがめっちゃ大変なんですけど。
忘れ物がひどかったワタシは、書道のある日に半紙や新聞紙を忘れていって、あたふたすることが多々あり、字を書くことは嫌いではありませんでしたが、特別な準備が必要な書道の日がとても嫌いでした。
半紙を忘れた時に、人から「1枚だけちょうだいっ!1枚でいいから〜」とか頼むの、めっちゃ情けなかったわ。
(じゃあ、ちゃんと持っていけ)


こつぶのうんちくが長くなってしまい、ナナシんちの書き初めがはじまらないっ!!
次回をご期待下さい!


テーマ : Blythe*Love!
ジャンル : 趣味・実用

guma*ticノ中身。
異世界トリップ。
月月ツキ。
サンカランキング
ぽちり。うれしいデス。
ブライスblog同盟
RSSリンクの表示
gumacoノココントコ。
過去記事のコメントも歓迎。
コノ日ハ、何シテタ?
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近タイワリスト。
検索フォーム